おすすめ投稿

マンションを売却する前に、知っておきたい価格の基本

売る人
マンションを売却する上では、価格が一番気になるところです。
価格は相場を知っておくと、売却の際に何かと役立ちます。

当たり前の話ですが、中古の物件には定価は存在しません。
したがって、大体の金額、いわゆる「相場」によって価格を決めていくことになります。

これはまた、価格は中古だからといって低くなるとは限りません。
例えばバブルの時代には物件の価格がどんどん上昇していったように、景気変動などによって購入時よりも価値が上がることは考えられます。

このような社会状況なども鑑みて価格が決まります。
相場は大抵、物件の元の価格、年数、場所といった基本情報を元に、不動産業界である程度決まっています。

最初はそれを参考にするのがいいでしょう。
不動産業者のサイトなどで、自分の物件と似た条件のものが、どれくらいの価格で売られているか見てみるとわかりやすいです。

また、不動産業者に頼んで現地調査をしてもらい、物件価格の査定をしてもらうことができます。
ここでは、立地、築年、広さなど先ほどあげたような条件をもとに、ざっと金額を決めてしまいます。

より具体的な条件を見ていく時に、一番参考になるのは近隣にある類似物件の価格です。
また、同じマンションの一室の、直近での取引価格もいいでしょう。

この二つだけでも、かなり正確な金額が見えてきます。
その他、駅からの距離なども物件の価値に影響します。

駅に近い賃貸物件の方が賃料が高いのと同じことです。
実際に売り出す際の価格は、最後は自分で決めることになります。

査定金額を元にして、買い手がある程度見つかったら交渉を行います。
[価格はこちらで調べることができますhttp://マンション売却相場jp.com]

この場合、多くはそのままの額が購入額となるか、価格を下げることになるでしょう。

マンション収入で老後も

あなたは現在の生活に満足されているでしょうか、現在の生活で収入が安定しているから満足しているという方、少し将来のことを考えてみてはいかがでしょうか。

老後のことを考えると収入がなくなって年金生活になったら、お金を稼ぐことも難しいし、どこかに入居するのも難しくなってしまいます。

しかし、現在の生活であまっているお金があったとしたら、マンション購入にまわしてみてはいかがでしょうか。
マンションを購入することによって、将来の老後の人生を大きくいい方向に進ませることができるのです。

マンションなんて高い買い物だからと考える方の気持ちはよくわかります。
しかし、マンションを購入することによって、人を住まわせると収入がはいってきます。

その収入と年金を合わせれば、現在働いて得ているお金と比べると結構多くなるかもしれません。

マンション収入で収入を増やすことは、老後の生活を豊かにするためにとても前向きな考えかたですね。

マンション暮らしの利点とは

マンション暮らしの利点とは
住宅環境としては、マンションや一戸建て、またアパートと言うように色々な環境があり、それぞれにメリットがありますが、なかでもマンションで暮らすメリットとはどういうことがあるのでしょうか。
まずマンションの場合には、見晴らしが良くなる可能性があります。
マンションでも低層階の場合には見晴しは期待できませんが、高層階を借りたり購入したりした場合には見晴しがとても良いです。
これはアパートや一戸建てにはないメリットであり、高い場所に住みたいと言うような人は必然的にマンション、それも高層マンションを選択することになります。
次にマンションの利点としては集合住宅なため近所付き合いがしやすくなると言うメリットもあります。
特に小さな子供がいる家庭の場合のは、通う小学校などが同じになるため、それだけ近い関係性を簡単に作れます。
困ったときの近所の人と言うことで、親密な関係を作れることもあるので、マンション暮らしは子供がいる世帯にも多大な利益をもたらすと言えます。

ハウスメーカー比較の時に気にしたい坪単価

ハウスメーカー比較の時に気にしたい坪単価
ハウスメーカーを選ぶ時の一つのポイントになるのが、住宅を建設してもらった時の坪単価です。
坪単価が安いハウスメーカーの方が、住宅購入費用も安く抑えられます。
ハウスメーカーによってはかなり大きな差が開いてしまうのが坪単価ですから、出来るだけ各ハウスメーカーの坪単価を調べて比較ポイントにしておきたいところです。
しかしながら、実は坪単価は施行物件によっても違いがあるのが普通です。
各物件で使用されている建材や設備が変わってくると、同様の物件であっても坪単価には差が出てくることがあります。
その上、ハウスメーカーによっては坪単価の捉え方が違うことも少なくありません。
一般的な注文住宅では、本体価格だけで家を作ることは不可能です。
必ず何かしらの付属品などが出てくるし、物件次第では使う建材の量にも違いが出てきます。
これらの変更も含め、住宅が全て完成してから初めて弾き出せるのが物件の坪単価です。
つまり比較的坪単価が安いハウスメーカーで家を建てても、最終的な坪単価はどうなるか分からないということになります。
とはいえ平均的に坪単価が安めのハウスメーカーなら、もともとの値段が高いハウスメーカーよりは安く家を作ることができるはずです。

分譲マンションの良さ

これまでずっと賃貸アパート暮らしをしてきましたが、ついに分譲マンションに住むことになりました。
間取りは3LDKです。

やはり賃貸と違って広いというのと部屋の壁がしっかりしているのか、隣の家の物音が聞こえることはほとんどありません。
防音対策がしっかりしています。

そしてベランダが広く、日当たりがよいのでどんな時間にふとんを干しても日が当たるとというのは嬉しいことです。
以前は南東向きの賃貸でしたから朝から昼過ぎの2時くらいまでしか太陽に当たりませんでした。

洗濯物もよく乾きます。
そして今のマンションは6階の角部屋になり、エレベーターに近く、景色もよいのです。

さらに風が通りやすく、ベランダの窓を開けると爽やかな風が吹いていて気持ちがよいのです。
他にも広い浴槽や洗面台が2台あることなどとても快適であると感じています。

設備もよく耐震ですので、その面での安心感もあります。
このマンションに引っ越してきて本当に良かったと実感しています。

アパートの駐輪場について

アパートの駐輪場について
 私の住んでいるアパートには、狭いスペースながら駐輪場があります。
アパートから移動するのに自転車はとても役立ちますから、駐輪場があるのはとても助かります。
しかしだからこそ、駐輪場はしっかりとマナーを守って使わなければなりません。
 たとえば、駐輪場に少しでも自転車を横にしてとめてしまえば、それだけ後からとめる人のスペースが狭くなってしまいます。
時には1度自転車を降り、とめてある自転車を真っ直ぐ直してから改めて自転車をとめなければならないようなケースが出てきます。
自転車をとめるのにイチイチそんなことをしていたら面倒くさくてしょうがありませんので、そんな風な手間を他の入居者にかけさせないようにすることが大事です。
 また、古くなってしまったり、壊れてしまったりなどでもしも自転車に乗らなくなったならば、その自転車は速やかに処分するべきです。
限られたスペースにいらない自転車を置いておく意味はありません。
このように、アパートの駐輪場はマナーを守って利用しなければならないのです。